マツダG-BOOK.com
G-BOOK ALPHA
コンセプト
サービス
テクノロジー
データ通信モジュール
ヘルプネット
Gルート探索/渋滞予測
G-BOOKセンター

MAZDA G-BOOK ALPHAとは
コンテンツ一覧
料金について
データ通信モジュール

データ通信モジュールのテクノロジー

データ通信モジュール内構成 高速データ通信と音声通話が可能な車載通信モジュール

MAZDA G-BOOK ALPHA専用データ通信モジュールは、テレマティクスサービス専用に開発された車載タイプのインテリジェント通信モジュールです。
頑丈なユニット内には、データ通信モジュールを統合管理するCPUの配下に、音声通話と高速データ通信(2.4Mbps)を可能にするCDMA2000 1xEV-DOの通信モジュール、及び緊急時やセキュリティアラーム発生時にデータを発信するモジュールが組み込まれています。


緊急通報にも耐えうる高い信頼性

オペレーターに緊急車両の出動を要請するマイクやスピーカーもデータ通信モジュールから直接出力されています。この独立した入出力系統と、過酷な条件にも耐えうる頑丈なハードウェアが、確実な緊急通報処理を実現します。
データ通信モジュール概念図
DSP搭載によるクリアーなハンズフリー音声通話機能

MAZDA G-BOOK ALPHA専用データ通信モジュールは、ハンズフリー通話が可能な自動車電話機能を搭載しています。この通話システムは、緊急時には車載機を通じて音声対話が可能であり、ヘルプネットのサービスが常時受けられるようになっています。
さらに自動車電話付き利用プランを選べば、お客様の自動車電話として利用できます。
また、DSP(Digital Signal Processor)を用いたデジタル信号処理により、耳を突く音や残響を除去することができ、車載マイク、スピーカーを介したクリアなハンズフリー通話を実現しました。
  • BACK
  • ページトップ

※掲載写真は全てイメージであり、実際と異なる場合があります。