マツダG-BOOK.com
G-BOOK ALPHA
コンセプト
サービス
テクノロジー
データ通信モジュール
ヘルプネット
Gルート探索/渋滞予測
G-BOOKセンター

MAZDA G-BOOK ALPHAとは
コンテンツ一覧
料金について
ヘルプネット

ヘルプネットのテクノロジー

確実、迅速な緊急通報を支えるしくみ

ヘルプネットセンターでは、車載システムからの「緊急情報」を受信すると、オペレーターの画面上に、会員情報、車両情報、及び緊急事態発生地点の地図を表示します。
オペレーターは、この画面を見ながら乗員との音声通話により救援活動に必要な情報の確認を行います。
これらの情報をもとにオペレーターは、接続する救急機関(警察/消防)の所轄部門(事故地点を管轄する部門)に回線を接続し、事故の状況を伝達します。
ヘルプネットセンターでは、事故地点の緯度経度情報に基づき、全国数千箇所に及ぶ救急機関の中から適切な機関を自動的かつ瞬時に検索し、回線を接続することができるため、通報時間を大幅に短縮することが可能になります。
通報方式

データ通信モジュール装着車、またはBluetooth®(ブルートゥース) 対応携帯電話による利用の場合は、ナビゲーションシステムの画面上にある「ヘルプネット」ボタンによる手動通報が可能です。 緊急通報機能が起動すると、車載システムはヘルプネットセンターに、車両位置、直前までの状況など「緊急情報」を瞬時に送信します。 ヘルプネットセンターは、緊急情報を受けると、事故の詳細を確認する為、乗員にコンタクトします。このコンタクトは、データ通信モジュール装着車の場合は、データ通信モジュールが有する音声通話機能を使って行い、Bluetooth® 対応携帯電話の場合は、その携帯電話を使って行います。 データ通信モジュール装着車の音声通話は、DSP(Digital Signal Processor)を用いたデジタル信号処理により、耳を突く音、残響を除去することで、車載マイクおよびスピーカーを介したクリアなハンズフリー通話を実現しています。

※Bluetooth®はBluetooth SIG, Inc.の登録商標です。
ヘルプネット利用の流れ
  • BACK
  • ページトップ

※掲載写真は全てイメージであり、実際と異なる場合があります。